若者は将来の夢とか希望とか持っとこうよ

こんにちは、ghistoriaです。

 

最近ですね、若い子と話す機会があったんですよ。

10代の子なんですけどね、どうやら進路に迷っているようでした。

 

時代に合わせてIT関係の職業に就きたかったみたいなんですけど、専門学校のオープンキャンパスに行ってみたところ、周りの体験入学者たちのスキルにびっくりして迷いが生じたらしいです。

 

それね、私もありました。

 

以前も書きましたが、漫画家になりたくて私もオープンキャンパスに行ってみたんですよ。

 

「入学当初はこんなに下手だったのにここまで上手になりましたー!」

 

みたいなね、例が展示されてたんですけど、それって極僅かな例なんですよね。

 

普通に周りの子はバリバリ絵描いてましたし「お前らそのまま漫画家デビューせえよ!」と思わずつっこみたくもなりました。

 

 

そりゃそうですよね。

17歳か18歳で急に思い立って何かを始めたって、それまでやってきた人たちに叶うはずがない。

 

そうやって人間って妥協したりあきらめたりするんですよ。

 

 

そこで頑張れる人って、もうそれ自体が才能っていうか。

私みたいなゴミ人間には真似できませんね。

 

 

その結果がこれだよ。

 

 

将来どうするのかって?

 

 

うんうん、それたまーに聞かれるよ。臆面もなくね。

30歳に聞くかそれ。

 

 

今がお前らが言う将来なんだよ!

 

 

うん、ゲーム開発頑張ります…。

飲み会とかの集まりが苦手な話

こんにちは、ghistoriaです。

 

私ね、集会とかが苦手なんですよ。

 

オンラインゲームのオフ会だったら良いんですけどね。

 

 

職場の飲み会だとか打ち上げだとか、誰某の結婚式だとか…

 

そういう場の雰囲気がどうにも苦手です。

 

 

そもそもお酒が飲めない。

 

飲むとすぐ具合が悪くなるんです。

でも飲まないのも空気が白けるし…という葛藤が毎回起こります。

 

 

別に今回はそういった時の対処法とかじゃなくて、ただ「苦手なんだよね~」って話なんですけど。

 

まぁ同じ境遇の方に少しでも同意していただければ幸いかな、と。

 

 

お酒が飲めないってことはこっちはシラフなわけですよ。

 

シラフで酔っ払いの相手って大変ですよね。

 

なんか集まってワーって騒いで大して面白くもないことでゲラゲラ笑って。

 

本人達は楽しそうで何よりなのですが、こっちとしては早く帰りたい思いでいっぱい。

 

 

 

(家に帰ってゲームしたい…)

 

 

なんて考えながら飲み会の席に参加している人、絶対いるでしょ?

 

こういうのを避けつつ上手いこと世渡り出来る人の処世術を是非ともご教授願いたいくらいです。

 

 

って、まぁ無職だからもう飲み会とかもないんだけどね!

 

 

友達付き合い?

 

友達ってなんですか?

 

 

最後にお酒の場に行ったのはいつだっけなぁ…(遠い目)

 

 

仕事も嫌!人間関係も嫌!飲み会も嫌!って人はわりとまじで仕事辞めちゃうのも手だと思いますよ。

 

収入が無くなるのでじわじわと死ねますが。

 

そこはまぁ、内職でも在宅ワークでも探しましょう。

専門学校を中退して後悔した話

こんにちは、ghistoriaです。

 

私、実は専門学校を中退してるんです。

 

で、まぁ今回はそれで後悔してるよーって話なんですが、辞めてすぐは後悔も何もなかったんですよね。

 

約10年経った今、漸く後悔しています。

 

 

私が通っていたのは動物関係の専門学校だったんですが、第一志望ではなかったんですよね。

 

本当は漫画家になるための専門学校を希望していたのですが、当時親に猛反対されまして…

 

「じゃあもう動物関係でええわ!」と半ば投げやりに決めたのが動物関係の専門学校に進んだ理由でした。

 

 

普通に動物は好きですし、今となっては「そのまま動物関係に就職しといても良かったなー」なんて思ったりもするんですが

 

当時の私は「動物関係の仕事って給料も安いし、きついし、大変そうだな」と思って進路に悩んでいました。

 

そんなときに出会ったのがラグナロクオンラインというオンラインゲームでした。

 

ゲームはつらい現実を忘れさせてくれ、毎朝決まった時間に起きることを強要せず、ゲーム内の人間は私を受け入れてくれました。

 

ハマらないわけがない!

 

 

画して、私は学生ニートとなり、毎日ゲームしては寝るという生活を繰り返し、出席日数はもちろん足りずに中退する運びとなりました。

 

そして10年経った今、手元にあるのはオンラインゲームとパチンコとフリーター時代に培った接客業の経験だけとなりました。

 

 

なんの仕事ができるの?

 

 

と聞かれると自分にも分かりません。

 

たぶんこうやって駄文をつらつらと書き綴ることしか脳のない出来損ないの出来上がりでござんす!

 

専門学校を出ていれば、その経験を生かして動物関係の職にありつけたかもしれないなーと思うばかりです。

 

どこかの企業の面接とかに行っても喋ることがないんですよね。

 

口が裂けても「パチプロやってました!」なんて言えるわけがありませんし。

 

 

学生時代に打ち込んだもの?

 

 

もちろんキーボードだよ!!!!

 

 

 

お後がよろしいようで。

オンラインゲームって何が面白いの?

こんにちは、ghistoriaです。

 

オンラインゲームに興味を持った友人がいたら、みなさんはどうしますか?

 

私は「めっちゃ面白いよ!やってみなよ!」と力強く押します。

 

 

オンラインゲームは人生の貴重な時間を食いつぶします。

廃人になれば職も人間関係も失います。

ただひたすら狩りをする機械のようになったりもします。

 

要するに良くないことなんです。

 

人生を大切にしたいなら絶対にやるべきではない。

 

 

でも勧めるんです。

 

それはまるで蜘蛛の糸に群がる亡者のようなもの。

一緒に沼に浸かりましょう、と誘っているわけです。

 

 

ですが、面白いのは本当です。

 

小さい頃ゲームで遊んでいた方なら絶対ハマると思います。

どんなジャンルのゲームでも大丈夫です。

 

RPGが好きだった人にはMMORPGがあります。

決まったセリフしか喋らないNPCだけではなく、実際の人間と会話しながらモンスターを倒したりできるんです。

 

アクションゲームだって格闘ゲームだって、1人じゃなくて24時間いつでも誰かとプレイできるんです。

 

こんな夢のようなことってあるんですねぇ。

90年代には想像もしませんでした。(たぶんネットゲームは存在してたけど子供だったので)

 

 

オンラインゲームの面白さを語るならゲームを介して人とのコミュニケーションがとれることが一番の面白さではないでしょうか。

 

だって一緒にプレイしてる人たち全員が「ゲーム好き」という共通の記号を持ってるんですよ。

 

そりゃ一部性格に問題のある方もいますけど、基本的に話が合わないわけがないじゃないですか!(力説)

 

オンラインゲームで友達ができたり、いつも一緒にゲームする仲間ができる。

 

それだけで人生において最高の体験足り得るものだと私は思います。

 

 

というわけで、一緒にオンラインゲーム沼に浸かりませんか?

最近面白いオンラインゲームがないとお嘆きのあなた!

こんにちは、ghistoriaです。

 

私が無職であることは以前公言した通りなのですが、無職って時間だけはたっぷりあるんですよね。

 

と、いっても歳をとるごとに体感時間は早くなっていくので時間もあっという間になくなりはするんですが…(笑)

 

5歳児は1週間を1週間の時間で過ごしますが、80歳になると1年を5日くらいに感じるとかどこかで見たような気がします。

 

 

まぁそれは置いておいて…

 

無職の私が有り余る時間を何に使っているのか、というとオンラインゲームです。

 

 

生粋のダメ人間ですね(笑)

 

 

以前の職場でも「休みの日って何されてるんですか?」と聞かれたら

 

迷わず「ゲームです!」と答えていました。

 

 

趣味といえるものがそれくらいしかないんですよね、悲しいことに。

 

ですが、最近オンラインゲームも不作ですよね。

 

俗に言う鍵屋に対しては否定的なので、ゲームを購入する場合はSteamを使っているのですが、毎日新作をチェックしてもロクなものがない!

 

そう、面白いゲームがないんです!

 

 

最近面白いオンラインゲームがないとお嘆きのあなた!

 

 

ないよね!!!!

 

 

ゲームに飢えてる方のメシアになれなくて申し訳ない。

 

本当に面白いゲームがないんですよねぇ…。

最後にプレイしたのってFor the kingくらいかな?

あれはまぁまぁ遊べました。暇潰し程度ですが。

 

気になる方はググってみてくださいね。

 

あまりにプレイするゲームがないため、最近は自分でゲーム開発しようと思い手を出してみました。

 

UE4の極め本とBlender本は購入して現在読んでる最中です。

 

がんばって神ゲー作るので期待せずに待っててください。

ghistoriaでした。

禁煙しま・・・

こんにちは、ghistoriaです。

 

たばこ、たばこですね。

みなさん喫煙してますか?

 

私は絶賛喫煙しております。

 

でもですね、無職なんですよ。お金がないんですよ。(切実)

 

たばこ吸ってる場合じゃないですよね。

 

たばこって1日1箱吸ったらそれだけで1ヶ月に1万円前後の出費になるじゃないですか。

 

自販機の下を漁って毎日500円拾えれば、そりゃあ実質無料でたばこが吸えますけどね!

むしろお釣りが来るくらいですが、そんな上手い話はないわけですよ。

 

じゃあどうするのかって?

 

 

 

禁煙するしかないでしょう

 

 

 

というわけでこの記事を書き始める前に最後の1本を吸い終わったので、キリもいいし今から禁煙します。

 

 

世の中ね、禁煙外来とかニコチン吸収できるパッチだとか電子たばこだとかアイコスだとかありますけどね。

 

あんなものまやかしですよ!

 

やめるならスパっとやめてしまえばいいんです!

 

なんでやめるのかって健康面ももちろん理由のひとつですけど、やっぱりお金でしょう!

 

節約したいから辞めるって人が大半だと思うのですよ。

 

(病気が原因で~という方もいらっしゃるかとは思いますが)

 

 

でね、お金を節約したいから辞めるのにね、辞めるためにお金を遣ってどうするの!?って話ですよ!(逆ギレ)

 

禁煙外来だってお金がかかるし、アイコスだって結局たばこが辞められるわけじゃないんですよ。

 

だから辞めるっていう強い意志があれば無駄にお金を遣う必要はないんです。

 

人間、気合と努力と根性です!

 

たばこなんて吸わなくても死にません!

 

さあ、今から始めましょう!禁煙生活を!

 

 

 

さて、記事の更新も終わったしたばこ吸ってこよ。(エイプリルフールだし許してください)

パチプロってぶっちゃけ儲かるの?

こんにちは、ghistoriaです。

 

私が以前、パチプロだったということについては

ghistoria.hatenablog.com

 

こちらの記事で軽く触れましたが、実際パチプロってどういうことをしてるの?と気になる方もいらっしゃると思いますのでつらつらと書いてみます。

 

私がやっていたのはいわゆるサクラではなく打ち子と呼ばれるものでした。

 

え?合ってるのかな?

ちょっと自信ないですけど(別にそういう業界に詳しいわけではないです)、普通に打って普通に勝って、ということをしておりました。

 

 

普通に打ったら勝てるわけないじゃん!

 

と思われるかもしれませんが、プロにはプロの技術がありました。

 

すご~く簡単に噛み砕いて言うと、出そうな台をひたすら打ち続けるという作業ですね。

 

出そうな台、と言ってもいわゆるオカルトとかではなくて

 

・パチンコなら釘を見て回転数が稼げそうな台を打つ

・スロットならお店の癖を判別して設定が入っていそうな台を打つ

 

ただこれを繰り返すだけなんですね。

 

簡単そうに聞こえますが、やってみると意外と難しいものです。

プロだからといって当たりを引きやすいわけでもないので、負けるときは普通に負けます。

 

私はパチンコばかりだったのですが、1000円で23回転とかする台だったら10万円負けてても打ち続けます。

 

知り合いのプロは海シリーズで3000回転以上回して当たりなしでしたが(これはこれですごい)黙々と閉店まで打ち続けました。

 

そうやってお金が稼げる可能性のあることをひたすらストイックに続けられるのが、プロとしての条件なんじゃないかな、と思います。

 

 

ただ、私はパチンコが特別好きというわけじゃなかったのでストレスでやめてしまったんですけどね(笑)